[リストへもどる]
新着記事

タイトル作りたい生活施設
記事No1842   [関連記事]
投稿日: 2017/10/19(Thu) 17:28
投稿者フィーブル
・消防署
・気象庁

タイトル作れるものリスト
記事No1841   [関連記事]
投稿日: 2017/10/19(Thu) 15:07
投稿者フィーブル
▼施設
威信点1500:合計7個まで

1 家、個人店舗
2 生活施設
5 国営工場、生産施設(資源/燃料/食料)、輸送施設、病院、学校(各一個まで)
7 生産施設(二つ目)、輸送施設(二つ目)

・国営工場(0/1)
・生産施設(2/2)
・輸送施設(1/2)
・病院(1/1)
・学校(1/1)

合計:5/7


---------------------------------

▼アイドレス
威信点1500:合計5個まで

職業/経歴(1/5)
兵器/独自アイテム(0/5)

---------------------------------

▼その他
種族(0/1)
特産品(10/10)

▼ACE
・ブータニアス卿
・小村イイコさん
・自由号

タイトルT22フィーブル藩国タスク
記事No1840   [関連記事]
投稿日: 2017/10/19(Thu) 14:31
投稿者フィーブル
T22

タイトルフィーブル藩国の機動救助隊員(設定国民用)
記事No1839   [関連記事]
投稿日: 2017/10/15(Sun) 16:01
投稿者戯言屋
[
{
"title": "フィーブル藩国の機動救助隊員(設定国民)",
"part_type": "group",
"children": [
{
"id": 112243,
"title": "西国人(ライト版)",
"description": "",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-10-01 13:26:48.321914",
"updated_at": "2017-10-10 09:54:15.900002",
"children": [
{
"id": 112237,
"title": "身体的特徴(ライト版)",
"description": "",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-10-01 13:26:48.034926",
"updated_at": "2017-10-10 09:54:16.893611",
"children": [
{
"id": 112235,
"title": "遺伝子欠損",
"description": "西国人のルーツは××××の出現地点だった砂漠に移住してきた南国人とされている。\nこのため、××××由来の遺伝子損傷が多く、人の形質を守るために身体の一部を機械化することがり、西国人にサイボーグが多いのはこのためである\n褐色の肌は日差しのせいもあるが、もしかしたら南国人だった頃の名残かもしれない。\n\n",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-01 13:26:48.021021",
"updated_at": "2017-10-01 13:26:48.021021",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 444,
"name": "ジャイ"
},
"localID": 3
},
{
"id": 112236,
"title": "灰色の髪の毛",
"description": "見た目上の大きな特徴としては、遺伝子損傷が多いことが由来なのか、先祖にあたる南国人の金髪とは違い、灰色の髪を持つ。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-01 13:26:48.029662",
"updated_at": "2017-10-01 13:26:48.029662",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 444,
"name": "ジャイ"
},
"localID": 4
}
],
"position": "1",
"character": {
"id": 444,
"name": "ジャイ"
},
"expanded": true,
"localID": 2
},
{
"id": 112242,
"title": "種族的特徴(ライト版)",
"description": "",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-10-01 13:26:48.140912",
"updated_at": "2017-10-10 09:54:17.440922",
"children": [
{
"id": 112238,
"title": "社会形態",
"description": "西国人は伝統的に部族をを重んじており、総じて大家族主義である。\n部族を重んじることにも繋がるが、仲間を兄弟として扱い、家族として助け合う。\n西国人は母系社会であり、異母兄弟には相続権がない。\n遺伝子損傷のせいで、人の形質を守るためにより人間を産む女性基準で社会が出来たせいである。\nこれは厳しい砂漠の環境で暮らしていく中でまとまらなければ生きていけなかったからであろう。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-01 13:26:48.116538",
"updated_at": "2017-10-01 13:26:48.116538",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 444,
"name": "ジャイ"
},
"localID": 6
},
{
"id": 112239,
"title": "合議制による国家運営",
"description": "西国人は部族合議制で国を経営しており\n投票、選挙もこの一環である。\n一般的に合議制を用いる理由は、判断の慎重さや公正さ、民主的正統性が担保されると考えられているからである。\n",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-01 13:26:48.119101",
"updated_at": "2017-10-01 13:26:48.119101",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 444,
"name": "ジャイ"
},
"localID": 7
},
{
"id": 112240,
"title": "繁栄の裏側",
"description": "西国の地下には例外なく遺跡がある。これは××××の出現位置だった影響だろう。長い歴史の中で、時に、この遺跡を利用し、時に保護し国を繁栄させた。\nまた、国土を開発する際には、森の破壊などは気にしないが、水源やオアシスは非常に大事にしている。\n砂漠では水が何より大事であったからである。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-01 13:26:48.122268",
"updated_at": "2017-10-01 13:26:48.122268",
"children": [],
"position": "3",
"character": {
"id": 444,
"name": "ジャイ"
},
"localID": 8
},
{
"id": 112241,
"title": "商業活動",
"description": "西国人は商業の民であり商売を重んじる。\n砂漠という環境で食料を生産し辛い中、交易で国を大きくしてきた故だろう。\nそれ故に実体経済を重んじ、金融を嫌う。\n資源国として借金を踏み倒されることが多く、苦い思いをしたからである。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-01 13:26:48.126301",
"updated_at": "2017-10-01 13:26:48.126301",
"children": [],
"position": "4",
"character": {
"id": 444,
"name": "ジャイ"
},
"localID": 9
},
{
"id": 112245,
"title": "食生活と友誼",
"description": "西国人は食事を床に座って食べ、テーブルを用いない。\n地べたに敷物を敷いてそこに座って皆で食事をする。\n砂漠の民だった頃の風習である。\nそして、西国人と友誼を結ぶには水を一緒に飲むといい。\n砂漠の民にとって水は命そのもの、それを分け合うということは家族になるということだ。\n",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-01 13:31:53.722195",
"updated_at": "2017-10-01 13:31:53.722195",
"children": [],
"position": "5",
"character": {
"id": 444,
"name": "ジャイ"
},
"localID": 10
}
],
"position": "2",
"character": {
"id": 444,
"name": "ジャイ"
},
"expanded": true,
"localID": 5
}
],
"position": null,
"character": {
"id": 444,
"name": "ジャイ"
},
"expanded": true,
"localID": 1
},
{
"id": 120818,
"title": "機動救助隊員 T21",
"description": "",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-10-09 17:26:35.802835",
"updated_at": "2017-10-09 17:26:35.802835",
"children": [
{
"id": 120786,
"title": "機動救助隊員の所属",
"description": "",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-10-09 17:26:34.510378",
"updated_at": "2017-10-09 17:26:34.510378",
"children": [
{
"id": 120785,
"title": "国際救助隊の設立に向けて",
"description": "機動救助隊の隊員は、フィーブル藩国に所属する公務員であり税から給与が支給される。同時に、この組織は将来的な全藩国規模の救助組織の母体として設立が行われている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 17:26:34.486135",
"updated_at": "2017-10-09 17:26:34.486135",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 411,
"name": "刻生・F・悠也"
},
"localID": 13
}
],
"position": "1",
"character": {
"id": 411,
"name": "刻生・F・悠也"
},
"expanded": true,
"localID": 12
},
{
"id": 120789,
"title": "機動救助隊員の資格",
"description": "",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-10-09 17:26:34.589845",
"updated_at": "2017-10-09 17:26:34.589845",
"children": [
{
"id": 120787,
"title": "専門職種の経験6年",
"description": "受験資格として医療機関、消防機関、警察機関、藩国軍のいずれかで6年以上の勤務経験が求められる。加えて勤務先からの推薦状を必須とし、身分確認も行われる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 17:26:34.58081",
"updated_at": "2017-10-09 17:26:34.58081",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 411,
"name": "刻生・F・悠也"
},
"localID": 15
},
{
"id": 120788,
"title": "過酷な選抜試験",
"description": "機動救助隊員となるための選抜試験は筆記、実技、体力、面接とあらゆる側面から試される。だが、選抜試験などいくら厳しいと言っても過酷な現場に比べれば大したことはない。能力が足りない者が現場に出ることはあってはならないからこその厳しさなのだ。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 17:26:34.584575",
"updated_at": "2017-10-09 17:26:34.584575",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 411,
"name": "刻生・F・悠也"
},
"localID": 16
}
],
"position": "2",
"character": {
"id": 411,
"name": "刻生・F・悠也"
},
"expanded": true,
"localID": 14
},
{
"id": 120794,
"title": "機動救助隊員の精神",
"description": "",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-10-09 17:26:34.691326",
"updated_at": "2017-10-09 17:26:34.691326",
"children": [
{
"id": 120790,
"title": "人の命は世界の未来",
"description": "ありとあらゆる知性を持つ種族は成長して未来に何かを為す。その死は未来の可能性が減ってしまうこと。だから、機動救助隊員達は己のすべてを懸けてより良い未来を守るために戦うのだ。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 17:26:34.672569",
"updated_at": "2017-10-09 17:26:34.672569",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 411,
"name": "刻生・F・悠也"
},
"localID": 18
},
{
"id": 120791,
"title": "熱いハート",
"description": "戦火の絶えないニューワールドでの救難現場は苦難の連続である。情け容赦ない現実を捩じ伏せ、未来の可能性を救う。災害や戦乱からの護り手としての誇りを胸に、機動救助隊員達は平和な時代を実現する一助となるべく、今日も戦う。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 17:26:34.676902",
"updated_at": "2017-10-09 17:26:34.676902",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 411,
"name": "刻生・F・悠也"
},
"localID": 19
},
{
"id": 120792,
"title": "不動心",
"description": "救難現場では想定外のことが必ず起こる。そのような時でも「第一に弱者の保護」、「第二に正義の貫徹」を実現するための方法を現実的に考えることですべきことに集中し、動揺を抑える。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 17:26:34.680654",
"updated_at": "2017-10-09 17:26:34.680654",
"children": [],
"position": "3",
"character": {
"id": 411,
"name": "刻生・F・悠也"
},
"localID": 20
},
{
"id": 120793,
"title": "飽くなき向上心",
"description": "救難現場では隊員達のすべてが試される。体力、気力、知識、思考能力。ありとあらゆる現場で出来るだけ多くの生命を救うためには、仲間たちと共に常に努力を重ねて自身を鍛え上げる。自分の力が足りないばかりに現場で後悔したくない。ただそれだけのために。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 17:26:34.685328",
"updated_at": "2017-10-09 17:26:34.685328",
"children": [],
"position": "4",
"character": {
"id": 411,
"name": "刻生・F・悠也"
},
"localID": 21
}
],
"position": "3",
"character": {
"id": 411,
"name": "刻生・F・悠也"
},
"expanded": true,
"localID": 17
},
{
"id": 120803,
"title": "救助行為",
"description": "",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-10-09 17:26:34.904585",
"updated_at": "2017-10-09 17:26:34.904585",
"children": [
{
"id": 120795,
"title": "視覚訓練",
"description": "災害現場では要救助者の助けを求める力は時間が経過すればするほど、弱くなっていく。彼らを少しでも早く見つけるために、遠くから等身大の人形を見つける、昼から夕方にかけて空に星を見つけるなどの視力向上訓練を普段から行っている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 17:26:34.875039",
"updated_at": "2017-10-09 17:26:34.875039",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 411,
"name": "刻生・F・悠也"
},
"localID": 23
},
{
"id": 120796,
"title": "障害突破訓練",
"description": "建物からの降下や登坂、匍匐前進など、通常の歩行状態では前進できない場所を踏破する訓練を行う。ロープ技術や身体をいかに自分の思うように動かせるかが重要となる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 17:26:34.880094",
"updated_at": "2017-10-09 17:26:34.880094",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 411,
"name": "刻生・F・悠也"
},
"localID": 24
},
{
"id": 120797,
"title": "ロープ技術",
"description": "引っ張る、吊る、支えるとロープは救難現場で多彩な活躍を見せる。ロープをどれだけ扱えるかでその隊員の実力が分かると言われる程である。建物からの降下や登坂、進入や物体の固定など様々な場面で使用する。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 17:26:34.882742",
"updated_at": "2017-10-10 13:42:01.746765",
"children": [],
"position": "3",
"character": {
"id": 411,
"name": "刻生・F・悠也"
},
"localID": 25
},
{
"id": 120798,
"title": "操縦訓練",
"description": "機動救助隊員用アメショーの性能を十二分に発揮するため、自分の手足のように操縦できることが求められる。消火、がれきの撤去、傷病者の搬送をいかにすばやく、正確に、丁寧に、できるかをどこまでも追求し、隊員たちは訓練に臨む。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 17:26:34.884929",
"updated_at": "2017-10-09 17:26:34.884929",
"children": [],
"position": "4",
"character": {
"id": 411,
"name": "刻生・F・悠也"
},
"localID": 26
},
{
"id": 120799,
"title": "チームプレー",
"description": "救難現場において一人で出来ることは限られる。だからこそ、同じ志を持つ仲間と力を合わせることで、一人一人バラバラではどうにもならない事態でも成し遂げてしまうのだ。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 17:26:34.887253",
"updated_at": "2017-10-10 14:38:20.124246",
"children": [],
"position": "5",
"character": {
"id": 411,
"name": "刻生・F・悠也"
},
"localID": 27
},
{
"id": 120800,
"title": "匍匐前進",
"description": "建物の倒壊などにより通常の経路からは侵入できない時でも匍匐前進することで狭い中を進み、要救助者を救出する。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 17:26:34.890774",
"updated_at": "2017-10-09 17:26:34.890774",
"children": [],
"position": "6",
"character": {
"id": 411,
"name": "刻生・F・悠也"
},
"localID": 28
},
{
"id": 120801,
"title": "聴覚訓練",
"description": "要救助者の助けを求める声を聞き逃さないように、視覚と同じくらい重宝されるのが聴覚である。声が聞こえるかだけでなく、どの方向から聞こえた声なのかも瞬時に判断出来るように訓練を行っている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 17:26:34.893129",
"updated_at": "2017-10-09 17:26:34.893129",
"children": [],
"position": "7",
"character": {
"id": 411,
"name": "刻生・F・悠也"
},
"localID": 29
},
{
"id": 120802,
"title": "水難救助",
"description": "要救助者は陸地だけに発生する訳ではない。海や川で溺れ死ぬ、重い障害が残る知類たちは居る。機動救助隊員たちはあらゆる状況での救助を想定し、そんな知類を少しでも減らすべく、水難救助訓練を行っている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 17:26:34.895837",
"updated_at": "2017-10-09 17:26:34.895837",
"children": [],
"position": "8",
"character": {
"id": 411,
"name": "刻生・F・悠也"
},
"localID": 30
}
],
"position": "4",
"character": {
"id": 411,
"name": "刻生・F・悠也"
},
"expanded": true,
"localID": 22
},
{
"id": 120810,
"title": "医療行為",
"description": "",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-10-09 17:26:35.277491",
"updated_at": "2017-10-09 17:26:35.277491",
"children": [
{
"id": 120804,
"title": "医療知識",
"description": "要救助者を助け出した後、医師たちに引き渡す前に少しでも生存確率を上げるため、機動救助隊員は応急処置ができるように医療関係者からの講義を受ける。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 17:26:35.258",
"updated_at": "2017-10-10 13:42:01.901806",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 411,
"name": "刻生・F・悠也"
},
"localID": 32
},
{
"id": 120805,
"title": "止血",
"description": "人体から血液量の約20%が失われると死に至ると言われている。傷口の圧迫や止血帯で血流が傷口に行き過ぎないようにするなどして、少しでも出血を食い止める。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 17:26:35.260528",
"updated_at": "2017-10-10 13:42:01.932471",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 411,
"name": "刻生・F・悠也"
},
"localID": 33
},
{
"id": 120806,
"title": "骨折対応",
"description": "当て木など固い物を当てて固定して安静にするのが基本的な処置である。開放骨折などの場合は無菌ガーゼなどを厚めに巻いて固定する。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 17:26:35.262813",
"updated_at": "2017-10-10 14:32:33.975549",
"children": [],
"position": "3",
"character": {
"id": 411,
"name": "刻生・F・悠也"
},
"localID": 34
},
{
"id": 120807,
"title": "熱傷対応",
"description": "流水で冷やした後、湿潤シートや無ければサランラップに白色ワセリンを巻くことで、火傷をおった部分の皮膚の乾燥を防ぐ。これにより治癒力を高める。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 17:26:35.26513",
"updated_at": "2017-10-10 14:32:33.988314",
"children": [],
"position": "4",
"character": {
"id": 411,
"name": "刻生・F・悠也"
},
"localID": 35
},
{
"id": 120808,
"title": "心臓マッサージ",
"description": "AEDがあれば、それを使用するが無い場合は心臓マッサージを行う。乳首と乳首の間の胸骨の下半分に掌を重ね合わせ、垂直に強く押すことで心肺蘇生を図る。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 17:26:35.267568",
"updated_at": "2017-10-10 14:32:34.000265",
"children": [],
"position": "5",
"character": {
"id": 411,
"name": "刻生・F・悠也"
},
"localID": 36
},
{
"id": 120809,
"title": "トリアージ",
"description": "多数の負傷者が出る災害や事故、戦争などに際して傷病者に対して優先順位をつけた上で簡易救助は機動救助隊員が行い、医師の負担を減らす。\n",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 17:26:35.270463",
"updated_at": "2017-10-09 17:26:35.270463",
"children": [],
"position": "6",
"character": {
"id": 411,
"name": "刻生・F・悠也"
},
"localID": 37
}
],
"position": "5",
"character": {
"id": 411,
"name": "刻生・F・悠也"
},
"expanded": true,
"localID": 31
},
{
"id": 120812,
"title": "消火行為",
"description": "",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-10-09 17:26:35.550418",
"updated_at": "2017-10-09 17:26:35.550418",
"children": [
{
"id": 120811,
"title": "消火知識",
"description": "戦場での救助活動は火との戦いでもある。いかに火の勢いを削ぐかを知らなければ、救助活動もままならない。座学で必ず消火知識を学ぶ。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 17:26:35.546266",
"updated_at": "2017-10-10 14:32:34.027085",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 411,
"name": "刻生・F・悠也"
},
"localID": 39
},
{
"id": 124448,
"title": "消火器具の取り扱い",
"description": "火がどのような物なのかを学び、次に消火に使用するホースや消火栓、ポンプ車などの消火器具の扱いを学ぶ。消火道具をいかに上手く使えるかで自身と要救助者の命を守れるかが決まる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-10 14:32:34.033058",
"updated_at": "2017-10-10 14:32:34.033058",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 411,
"name": "刻生・F・悠也"
},
"localID": 40
},
{
"id": 124513,
"title": "バケツリレー",
"description": "ホースや消火栓が使えない時の最後の手段、それがバケツリレーである。数人が水利まで列を為し、水を災害現場に送って消火活動に当たる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-10 14:38:20.188363",
"updated_at": "2017-10-10 14:38:20.188363",
"children": [],
"position": "3",
"character": {
"id": 411,
"name": "刻生・F・悠也"
},
"localID": 41
},
{
"id": 124514,
"title": "消防施設の把握",
"description": "普段から藩国内を長距離走や休日に見て回ることで消防署や消火栓の位置、水利をいかに活かせるかを把握しておく。これがいざという時に最適な動きに繋がる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-10 14:38:20.27651",
"updated_at": "2017-10-10 14:38:20.27651",
"children": [],
"position": "4",
"character": {
"id": 411,
"name": "刻生・F・悠也"
},
"localID": 42
}
],
"position": "6",
"character": {
"id": 411,
"name": "刻生・F・悠也"
},
"expanded": true,
"localID": 38
},
{
"id": 120817,
"title": "白兵戦行為",
"description": "",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-10-09 17:26:35.611972",
"updated_at": "2017-10-09 17:26:35.611972",
"children": [
{
"id": 120813,
"title": "鍛え上げた肉体",
"description": "腕立て伏せや腹筋、スクワットなど機動救助隊員の日常は身体を鍛え続けることといって過言ではない。その鍛え上げられた肉体は生半可な攻撃は弾き、絶大な打撃力を生む。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 17:26:35.593947",
"updated_at": "2017-10-10 14:32:34.112439",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 411,
"name": "刻生・F・悠也"
},
"localID": 44
},
{
"id": 120814,
"title": "逮捕術",
"description": "資格にとして警察機関出身者もいることから、同機関で使用される逮捕術を学ぶ。制圧・逮捕・拘束・連行するための術技で、相手を無力化するのが目的である。不審者から襲いかかられた時などの咄嗟の護身術としての側面もある。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 17:26:35.597046",
"updated_at": "2017-10-10 14:32:34.196127",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 411,
"name": "刻生・F・悠也"
},
"localID": 45
},
{
"id": 120815,
"title": "連携攻撃",
"description": "1対1で戦うのではなく、機動救助隊員同士でフォローし合い、群れとして戦うことをよしとする。ロープを使って相手をぐるぐる巻きにしたり、転ばせる、戦う相手をスイッチして困惑させるなど様々な戦い方がある。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 17:26:35.600685",
"updated_at": "2017-10-10 14:32:34.207111",
"children": [],
"position": "3",
"character": {
"id": 411,
"name": "刻生・F・悠也"
},
"localID": 46
},
{
"id": 120816,
"title": "俊敏な動作",
"description": "救助器具を抱えての長距離走やロープを使っての移動など、機動救助隊員には俊敏さも求められる。余分な脂肪は少ないその身体は鈍重さの欠片もない。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 17:26:35.604103",
"updated_at": "2017-10-10 14:32:34.124814",
"children": [],
"position": "4",
"character": {
"id": 411,
"name": "刻生・F・悠也"
},
"localID": 47
},
{
"id": 124449,
"title": "相手を観察する",
"description": "要救助者を捜索するための優れた視力は白兵戦での相手の動き出しを察知することにも役立つ。捜索時は一点ではなく、全景をぼんやりと見る。それは白兵戦時も同様で手先や足先だけを見ずに全体を見て、相手の攻撃を察知しての防御や隙を見つけての攻撃に活かす。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-10 14:32:34.129844",
"updated_at": "2017-10-10 14:32:34.129844",
"children": [],
"position": "5",
"character": {
"id": 411,
"name": "刻生・F・悠也"
},
"localID": 48
},
{
"id": 124624,
"title": "不殺の誓い",
"description": "命を助ける者である機動救助隊だが、「第一に弱者の保護」を貫くために敵対者を傷つけなければならないこともある。だが、最低限のラインとして相手を殺すことはせず、無力化するに止める。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-10 14:43:54.862588",
"updated_at": "2017-10-10 14:43:54.862588",
"children": [],
"position": "6",
"character": {
"id": 411,
"name": "刻生・F・悠也"
},
"localID": 49
}
],
"position": "7",
"character": {
"id": 411,
"name": "刻生・F・悠也"
},
"expanded": true,
"localID": 43
}
],
"position": null,
"character": {
"id": 411,
"name": "刻生・F・悠也"
},
"expanded": true,
"localID": 11
}
],
"expanded": true,
"localID": 0,
"description": ""
}
]

タイトルT21提出用
記事No1838   [関連記事]
投稿日: 2017/10/14(Sat) 23:56
投稿者戯言屋
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

# フィーブル

書式D:PC
部隊番号    :R
チェック    :
部隊名     :16-00306-01
人員数     :1
着用アイドレス :フィーブル(T21), 122171
装備      :バトルハッカースーツ(アイテム), 100312
         フィーブルのお風呂セット, 55005
         野心封印猫のフロス, 55008
         馬車馬の銀汰, 55011
         大きくてもふもふしたブタさんのぬいぐるみ, 78553
         ダイヤモンドコートのフライパン(IH対応), 83902
         おたま, 84630
         三徳包丁, 84632
         広東鍋(IH対応), 101721
         撃雷号のピンバッジ(No.00), 101718
         フィーブルの急造攻撃型電子妖精, 103862
         フィーブルの急造防御型電子妖精, 103865
単一RD     :163

消費食料    :1
消費燃料    :4


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

# 戯言屋

書式D:PC
部隊番号    :R
チェック    :
部隊名     :16-00307-01
人員数     :1
着用アイドレス :戯言屋(PC), 84774
装備      :ポケットピケ(戯言屋版), 102214
         バトルハッカースーツ(アイテム), 100312
         大型PC(アイテム), 100574
単一RD     :78

消費食料    :1
消費燃料    :1


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

書式D:PC
部隊番号    :R
チェック    :
部隊名     :16-00319-01
人員数     :1
着用アイドレス :刻生・F・悠也 T21, 115123
装備      :バトルハッカースーツ(アイテム), 100312
         銀の針, 80047
         応急処置セット, 108696
         オフロード用自転車, 51280
         カトラス, 11688
単一RD     :174

消費食料    :1
消費燃料    :4


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

# フィーブル藩国の王猫パーカー

書式D:ACE
部隊番号    :R
チェック    :
部隊名     :16-xx000-xx
人員数     :1
着用アイドレス :二代目王猫パーカー, 39257
装備      :
単一RD     :41

消費食料    :1
消費燃料    :1


――――――――――――――――――――――――――――

部隊番号    :R
チェック    :
部隊名     :フィーブル警官隊・第一部隊
人員数     :3
着用アイドレス :フィーブル藩国の警察官 ID: 106711
装備      :警官貸与装備一式 ID: 41087
単一RD     :RD29 RD10 RD1 合計:40
総RD      :RD40*3=120
人員リスト   :

コウ・センテイ
フィーブル藩国の警察官。眼鏡をかけた知的な印象の新米警官。
やる気が空回りして失敗も多いが、正義感は人一倍強く、先輩であるディアンの教えを受けて成長中の期待の新人。

ディアン・ソッカ
フィーブル藩国の警察官。くたびれた印象の中年で、一見して冴えない感じのおっさん。独身。
しかし、警察官としての知識や経験は豊富で、まだ若いコウの教育をしながら、藩国の治安を地味に守っている。

イツノヒカ・オジョウ
フィーブル藩国の警察官。キノウツン藩国からの移民の家系で、かつて警察官だったイツノヒカ・オトメの娘。
普段は真面目で大人しい印象を受ける女性だが、実際は母親譲りのガサツさと荒っぽい言葉遣いの人物であり、大体みんな騙される。

消費食料    :3
消費燃料    :3
装備生産計画  :鍋の国で作成された警官貸与装備一式×3を輸入


――――――――――――――――――――――――――――

部隊番号    :R
チェック    :
部隊名     :フィーブル警官隊・第二部隊
人員数     :3
着用アイドレス :フィーブル藩国の警察官 ID: 106711
装備      :警官貸与装備一式 ID: 41087
単一RD     :RD29 RD10 RD1 合計:40
総RD      :RD40*3=120
人員リスト   :

カリーニン・ラッキョウ
「心は熱く、思考は冷静に」が口癖な51歳の渋い警察官。立派なあごひげをたくわえ、物静かな佇まいは対した相手に只者ではない感を抱かせる。
その人柄で自白させた容疑者は数知れない。

カシム・ナッツ
カリーニンの養子で、養父と同じ警察官となった27歳。口数は少ないがその心の奥底には熱い正義感が宿っている。
不器用なところが放っておけないと年上の女性及び同僚の男性からの人気は高い。考えるよりまず行動がモットー。

テレサ・エッグ
25歳の眼鏡がかわいい女性で運動神経はあるのにドジさが致命的。ただし、それを補って余りある運の良さでカバーし、なんとなく良い結果になってしまう。
カシムに好意を抱くが、全く気付いてもらえない。

消費食料    :3
消費燃料    :3
装備生産計画  :鍋の国で作成された警官貸与装備一式×3を輸入


――――――――――――――――――――――――――――

部隊番号    :R
チェック    :
部隊名     :フィーブル警官隊・第三部隊
人員数     :3
着用アイドレス :フィーブル藩国の警察官 ID: 106711
装備      :警官貸与装備一式 ID: 41087
単一RD     :RD29 RD10 RD1 合計:40
総RD      :RD40*3=120
人員リスト   :

ロナ・グラディオ
フィーブル藩国の警察官。生真面目で非常にキッチリした性格の女性で、法律にも詳しい。
法と秩序によって人々の生活を守れると信じており、その番人としてあろうと常日頃から努力している。

ギャン・サトール
フィーブル藩国の警察官。常に陽気で軽薄な男。お調子者だがどこか憎めない男で、市民との交流も上手い。
ロナに一途に惚れているのだが、自分みたいなタイプは嫌いだろうと思い、せめて仕事を頑張ることでいいところを見せようとしている。

メーティオ・ロイネル
軍人一家に生まれた32歳の女性。背が高く筋肉質だが内面は乙女で、外面とのギャップが大きい。
自分を女性扱いしてくれるギャンに好意を抱くも彼が別の女性を好きなことを知っているため、上手くいくように応援している。

消費食料    :3
消費燃料    :3
装備生産計画  :鍋の国で作成された警官貸与装備一式×3を輸入


――――――――――――――――――――――――――――

部隊番号    :R
チェック    :
部隊名     :フィーブル警官隊・第四部隊
人員数     :3
着用アイドレス :フィーブル藩国の警察官 ID: 106711
装備      :警官貸与装備一式 ID: 41087
単一RD     :RD29 RD10 RD1 合計:40
総RD      :RD40*3=120
人員リスト   :

インタイヤ・マクレーン
フィーブル藩国の警察官。冷静沈着で博愛精神を大切にする模範的な人物であるが、少々堅物すぎるところもある。射撃の名手であり、ライフル射撃競技での受賞経験もある。

ジョー・ワイスコップ
フィーブル藩国の警察官。せっかちで血気盛んなお調子者だが、人情味があり、困っている人を放っておけない性格である。近所の子供たちに人気。中国武術の使い手であり、アクション映画が大好き。

ダン・ドジソン
フィーブル藩国の警察官。生真面目で頑固で堅物と岩の様な性格である。鍛錬を日課としており、ムキムキ。大方の予想通り、女性に弱く、緊張して満足に話すこともできない。

消費食料    :3
消費燃料    :3
装備生産計画  :鍋の国で作成された警官貸与装備一式×3を輸入


――――――――――――――――――――――――――――

部隊番号    :R
チェック    :
部隊名     :機動救助部隊
人員数     :4
着用アイドレス :機動救助隊員(西国人) ID: 125551
装備      :救助用セット ID: 124987
装備      :避難誘導装備一式 ID: 124951
単一RD     :RD31 RD4 RD8 RD1 合計:44
総RD      :RD44*4=176
人員リスト   :

ケネス・ロンドン
フィーブル藩国の機動救助隊員。デスクワークの苦手な熱血漢。だが猪突猛進型ではなく、機転の利くアイディアマンでもある。過去に火事で家族を失っており、命だけではなく、日常・暮らしを守る事こそが使命であると考えている。

ローリン・ハイド
フィーブル藩国の機動救助隊員。沈着冷静な皮肉屋で、レスキュー部隊が実働となった事をあまり喜んでいない人物。それはレスキュー部隊に出番がある事自体が良くない事であるという考えが根底にあるのだが、周りにはずっと待機なら楽ができたのにとうそぶいている。

マティルダ・カンピオン
フィーブル藩国の機動救助隊員。男勝りの紅一点。ムードメーカーのケネスがチームを引っ張っているようでいて、実は中心にいるのは彼女である。優れた観察力を持ち、事前に危険を察知するのを得意とする。

グウィン・ナイト
フィーブル藩国の機動救助隊員。消防士からの転向である。マニュアルより即応性を重視するチームの動きに危機感を抱いていたが、彼らの熱意を理解するに至り、今では経験からくるサポート・事務仕事等でチームの下地を支えている。

消費食料    :4
消費燃料    :4
装備生産計画  :フィーブル藩国の日用品の民間工場から、救助用セット×4を生産
 レンジャー連邦から、避難誘導装備一式×4を輸入


――――――――――――――――――――――――――――

部隊番号    :R
チェック    :
部隊名     :フィーブル藩国の歩兵部隊
人員数     :5
着用アイドレス :フィーブル藩国の歩兵(設定国民) ID: 125342
装備      :淡月(T21) ID: 111412
装備      :共和国共通型支援火器パック ID: 116270
単一RD     :RD18 RD14 RD17 RD1 合計:50
総RD      :RD50*5=250
人員リスト   :

モーリー・ディック
フィーブル藩国の設定国民で、40歳。かつて歩兵として活動した経験があることから、藩国自衛のための歩兵部隊に参加志願。
正義感や藩国の平和を守ろうという使命感が強く、毎日新聞を読んで情勢を確認している。妻子あり。この部隊の隊長。

クラノ・サードマー
フィーブル藩国の設定国民で、28歳。軍事関係の趣味から歩兵になった男。
経験が浅く臆病な分、上の指示に従ってうまく活躍することで、良き歩兵として経験を積もうと考えている。独身。

シン・ワレソン
フィーブル藩国の設定国民。落ち着いた雰囲気の流し目の男。30歳。読書が趣味で、哲学に詳しい。
その印象とは裏腹に、実は声が大きい。戦うべき時は戦うべきだと割り切って、冷静に対処できる性格。

ゾンブル・ワン
フィーブル藩国の設定国民で、40歳の大男。たくましく豪快な性格で、趣味は酒(ルーディス麦のビール)とギャンブル(麻雀)
歩兵の経歴が長く、隊長の厳しい指示にも笑って従い戦える経験と知識を持っている。妻子あり。

ココウ・ソンダイ
フィーブル藩国の設定国民。20歳の新兵で、他のみんなからの教育を受けつつ、頑張って藩国を守ろうという使命感を持った青年。
若さゆえのミスも多いが、若い感性や発想を持っており、本人の優しい性格もあって、みんなから可愛がられている。

消費食料    :5
消費燃料    :6
装備生産計画  :淡月はFEGから、共和国共通型支援火器パックは無名騎士藩国から輸入

――――――――――――――――――――――――――――

書式C:国ごとの食糧、燃料、工場の生産計画
国番号     :16
国名      :フィーブル藩国
チェック    :
運営する部隊番号:
消費食料    :1、1、1、1、3、3、3、3、4、5
基本消費燃料  :4、1、4、1、3、3、3、3、4、6
食糧生産地   :フィーブル藩国の灌漑農地 ID: 70439 RD48
燃料採掘地   :フィーブル藩国のダイハラン油田地帯(燃料生産地) ID: 113760 RD:106
資源採掘地   :なし。RD0

装備生産計画  :装備の生産工場を指定し、生産ステップを記述します。
・救助用セット(RD4)評価3×4(RD16で評価6)を、フィーブル藩国の日用品の民間工場(ID 85065)で生産。

輸入/輸出計画 :
・フィーブル藩国のダイハラン油田地帯(燃料生産地)評価11のうち9消費、余剰分の2のうち、玄霧藩国へ1輸出
・akiharu国から、日用品の民間工場(評価6)を稼働させるための、資源1を輸入
・鍋の国から、警官貸与装備一式×12個を輸入
・FEGから、淡月×5を輸入
・レンジャー連邦から、避難誘導装備一式×4を輸入
・無名騎士藩国から、共和国共通型支援火器パック×5を輸入




タイトルフィーブル藩国の歩兵部隊(設定国民)
記事No1837   [関連記事]
投稿日: 2017/10/14(Sat) 22:37
投稿者戯言屋
<フィーブルの歩兵(1部隊5名))>

・フィーブル藩国の歩兵(設定国民) RD:18 評価値:8
・淡月(T21) RD:14 評価値:7 → FEGさんから輸入
・共和国共通型支援火器パック RD:17 評価値:7 → 無名さんから輸入
・設定国民の設定 RD:1

 1人あたりのRD50。
 5人でRD250。

 消費燃料6.25
 消費食料5


 

タイトルフィーブル藩国の歩兵(設定国民)(T21)
記事No1836   [関連記事]
投稿日: 2017/10/14(Sat) 18:18
投稿者戯言屋
[
{
"title": "フィーブル藩国の歩兵(設定国民)",
"part_type": "group",
"children": [
{
"id": 112243,
"title": "西国人(ライト版)",
"description": "",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-10-01 13:26:48.321914",
"updated_at": "2017-10-10 09:54:15.900002",
"children": [
{
"id": 112237,
"title": "身体的特徴(ライト版)",
"description": "",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-10-01 13:26:48.034926",
"updated_at": "2017-10-10 09:54:16.893611",
"children": [
{
"id": 112235,
"title": "遺伝子欠損",
"description": "西国人のルーツは××××の出現地点だった砂漠に移住してきた南国人とされている。\nこのため、××××由来の遺伝子損傷が多く、人の形質を守るために身体の一部を機械化することがり、西国人にサイボーグが多いのはこのためである\n褐色の肌は日差しのせいもあるが、もしかしたら南国人だった頃の名残かもしれない。\n\n",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-01 13:26:48.021021",
"updated_at": "2017-10-01 13:26:48.021021",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 444,
"name": "ジャイ"
},
"localID": 3
},
{
"id": 112236,
"title": "灰色の髪の毛",
"description": "見た目上の大きな特徴としては、遺伝子損傷が多いことが由来なのか、先祖にあたる南国人の金髪とは違い、灰色の髪を持つ。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-01 13:26:48.029662",
"updated_at": "2017-10-01 13:26:48.029662",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 444,
"name": "ジャイ"
},
"localID": 4
}
],
"position": "1",
"character": {
"id": 444,
"name": "ジャイ"
},
"expanded": true,
"localID": 2
},
{
"id": 112242,
"title": "種族的特徴(ライト版)",
"description": "",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-10-01 13:26:48.140912",
"updated_at": "2017-10-10 09:54:17.440922",
"children": [
{
"id": 112238,
"title": "社会形態",
"description": "西国人は伝統的に部族をを重んじており、総じて大家族主義である。\n部族を重んじることにも繋がるが、仲間を兄弟として扱い、家族として助け合う。\n西国人は母系社会であり、異母兄弟には相続権がない。\n遺伝子損傷のせいで、人の形質を守るためにより人間を産む女性基準で社会が出来たせいである。\nこれは厳しい砂漠の環境で暮らしていく中でまとまらなければ生きていけなかったからであろう。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-01 13:26:48.116538",
"updated_at": "2017-10-01 13:26:48.116538",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 444,
"name": "ジャイ"
},
"localID": 6
},
{
"id": 112239,
"title": "合議制による国家運営",
"description": "西国人は部族合議制で国を経営しており\n投票、選挙もこの一環である。\n一般的に合議制を用いる理由は、判断の慎重さや公正さ、民主的正統性が担保されると考えられているからである。\n",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-01 13:26:48.119101",
"updated_at": "2017-10-01 13:26:48.119101",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 444,
"name": "ジャイ"
},
"localID": 7
},
{
"id": 112240,
"title": "繁栄の裏側",
"description": "西国の地下には例外なく遺跡がある。これは××××の出現位置だった影響だろう。長い歴史の中で、時に、この遺跡を利用し、時に保護し国を繁栄させた。\nまた、国土を開発する際には、森の破壊などは気にしないが、水源やオアシスは非常に大事にしている。\n砂漠では水が何より大事であったからである。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-01 13:26:48.122268",
"updated_at": "2017-10-01 13:26:48.122268",
"children": [],
"position": "3",
"character": {
"id": 444,
"name": "ジャイ"
},
"localID": 8
},
{
"id": 112241,
"title": "商業活動",
"description": "西国人は商業の民であり商売を重んじる。\n砂漠という環境で食料を生産し辛い中、交易で国を大きくしてきた故だろう。\nそれ故に実体経済を重んじ、金融を嫌う。\n資源国として借金を踏み倒されることが多く、苦い思いをしたからである。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-01 13:26:48.126301",
"updated_at": "2017-10-01 13:26:48.126301",
"children": [],
"position": "4",
"character": {
"id": 444,
"name": "ジャイ"
},
"localID": 9
},
{
"id": 112245,
"title": "食生活と友誼",
"description": "西国人は食事を床に座って食べ、テーブルを用いない。\n地べたに敷物を敷いてそこに座って皆で食事をする。\n砂漠の民だった頃の風習である。\nそして、西国人と友誼を結ぶには水を一緒に飲むといい。\n砂漠の民にとって水は命そのもの、それを分け合うということは家族になるということだ。\n",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-01 13:31:53.722195",
"updated_at": "2017-10-01 13:31:53.722195",
"children": [],
"position": "5",
"character": {
"id": 444,
"name": "ジャイ"
},
"localID": 10
}
],
"position": "2",
"character": {
"id": 444,
"name": "ジャイ"
},
"expanded": true,
"localID": 5
}
],
"position": null,
"character": {
"id": 444,
"name": "ジャイ"
},
"expanded": true,
"localID": 1
},
{
"id": 80199,
"title": "歩兵/共共",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-27 03:40:22.639881",
"updated_at": "2017-08-27 03:40:22.639881",
"children": [
{
"id": 74903,
"title": "新兵訓練",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-26 01:51:29.688031",
"updated_at": "2017-08-26 01:51:29.688031",
"children": [
{
"id": 74904,
"title": "基本教練",
"description": "敬礼や行進、整列といった軍隊としての基本的な動作を、号令に応じて迅速に、かつ一糸乱れぬ形で行えるように訓練する。\nこの訓練は、4年間の訓練期間が終わった後でも継続的に訓練を行う、基本中の基本となる訓練である。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-26 01:51:29.689557",
"updated_at": "2017-08-26 01:51:29.689557",
"children": [],
"position": null,
"character": {
"id": 1981,
"name": "共和国藩王会議"
},
"localID": 13
},
{
"id": 74905,
"title": "各個戦闘訓練",
"description": "徒手格闘および、小銃を用いた戦闘訓練を実施して、戦闘の基礎を学ぶ。\nこの訓練では、新兵同士の訓練もしばしば行う。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-26 01:51:29.707432",
"updated_at": "2017-08-26 01:51:29.707432",
"children": [],
"position": null,
"character": {
"id": 1981,
"name": "共和国藩王会議"
},
"localID": 14
},
{
"id": 74906,
"title": "小銃の取り扱い訓練",
"description": "小銃の仕組みについて学び、分解、整備、管理方法等、小銃を装備するための訓練を行う。\nまた、当然ながら射撃の訓練も実施する。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-26 01:51:29.728081",
"updated_at": "2017-08-26 01:51:29.728081",
"children": [],
"position": null,
"character": {
"id": 1981,
"name": "共和国藩王会議"
},
"localID": 15
},
{
"id": 74907,
"title": "野外訓練",
"description": "野外において、地図の読み方、コンパスの利用方法などの実地訓練を行い、ランドナビゲーションの能力を身につける。\nまた、飯盒炊爨やキャンプの設営などの野外生活の訓練及び、サバイバル訓練を行う。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-26 01:51:29.744331",
"updated_at": "2017-08-26 01:51:29.744331",
"children": [],
"position": null,
"character": {
"id": 1981,
"name": "共和国藩王会議"
},
"localID": 16
},
{
"id": 74908,
"title": "衛生訓練",
"description": "この訓練では、応急処置や溺者救護等の救急法、患者の搬送要領を学ぶ。\n負傷の内容を理解し、傷の手当てや止血帯の使用、脱水症状への対処など、適切な処置を判断、実施できるように訓練する。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-26 01:51:29.761237",
"updated_at": "2017-08-26 01:51:29.761237",
"children": [],
"position": null,
"character": {
"id": 1981,
"name": "共和国藩王会議"
},
"localID": 17
},
{
"id": 74909,
"title": "地形訓練",
"description": "遠泳訓練やスキー訓練、砂漠におけるサバイバル訓練等、その地域ごとの特殊な地形に適応するための訓練を行う。\nこの訓練は基本的に部隊単位で実施し、協調性を身に付けるための訓練でもある。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-26 01:51:29.777631",
"updated_at": "2017-08-26 01:51:29.777631",
"children": [],
"position": null,
"character": {
"id": 1981,
"name": "共和国藩王会議"
},
"localID": 18
},
{
"id": 74910,
"title": "体力訓練",
"description": "当然のことながら、軍人には高い身体能力が要求される。\nこのため、訓練中は日夜厳しいトレーニングが課されるほか、日々の食事についても、栄養管理が徹底される。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-26 01:51:29.7944",
"updated_at": "2017-08-26 01:51:29.7944",
"children": [],
"position": null,
"character": {
"id": 1981,
"name": "共和国藩王会議"
},
"localID": 19
},
{
"id": 74911,
"title": "愛国教育",
"description": "軍人は命を懸けて戦わなければならない。\nその時がやってきた時に、何のために戦うのか、その拠り所がなければ、兵は命を懸けられない。\n自分の周囲の人を愛し、その日々の基盤となる国を愛し、それを守る意味を見つける。\nそうした愛国教育は兵にとって戦う拠り所となるとともに、その力を身勝手な理由で振るうのを止める抑止力ともなる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-26 01:51:29.81151",
"updated_at": "2017-08-26 01:51:29.81151",
"children": [],
"position": null,
"character": {
"id": 1981,
"name": "共和国藩王会議"
},
"localID": 20
}
],
"position": null,
"character": {
"id": 1981,
"name": "共和国藩王会議"
},
"expanded": true,
"localID": 12
},
{
"id": 80200,
"title": "歩兵とは",
"description": "戦場を徒歩で行動する兵士の総称であり、軍隊における兵科のひとつ。\nもっとも基本的な兵科でありながら、歩兵の居ない軍隊は無いと言われるくらい柔軟性の高い兵科。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-27 03:40:22.652669",
"updated_at": "2017-08-27 03:40:22.652669",
"children": [],
"position": null,
"character": {
"id": 1981,
"name": "共和国藩王会議"
},
"localID": 21
},
{
"id": 80201,
"title": "歩兵の運用",
"description": "非常に柔軟な運用が可能で、所属する部隊や戦場にあわせた運用がされる。\nしたがって具体的な任務となると、その内容は多岐にわたる為一言で表すことは難しい。\n戦場までの移動、陣地の構築と維持、各地形や状況に合わせた戦闘、さらには戦時下において治安維持の役割も担う。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-27 03:40:22.72036",
"updated_at": "2017-08-27 03:40:22.72036",
"children": [],
"position": null,
"character": {
"id": 1981,
"name": "共和国藩王会議"
},
"localID": 22
},
{
"id": 80202,
"title": "兵士となるには",
"description": "軍の教練を受け、その過程を終了する必要がある。\nその職業の責任から、軍の教練は非常に厳しいことで知られる。\nその厳しい教練を終了した時、初めて軍人としての一歩を踏み出せる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-27 03:40:22.791137",
"updated_at": "2017-08-27 03:40:22.791137",
"children": [],
"position": null,
"character": {
"id": 1981,
"name": "共和国藩王会議"
},
"localID": 23
}
],
"position": null,
"character": {
"id": 1981,
"name": "共和国藩王会議"
},
"expanded": true,
"localID": 11
}
],
"expanded": true,
"localID": 0,
"description": ""
}
]

タイトル機動救助隊員の装備生産について
記事No1835   [関連記事]
投稿日: 2017/10/13(Fri) 23:09
投稿者戯言屋
アイドレスSystem4 工場生産ルール明確化(修正6)
http://blog.tendice.jp/201708/article_1.html

〇生産ルール

1.工場の評価+5>作りたいアイテムの評価 までを工場は量産できます。
 工場の評価が5ならアイテム評価5+5の10まで作れます。

2.量産数は工場の評価+5−作るものの評価=量産評価
 量産評価をRDに換算したものが一ステップでの量産数です。

/*/

余剰資源を輸送したい
 国内消費よりも生産資源が多い場合、余剰資源として輸出できます。
 生産資源評価から国内生産評価を引いて評価差を出してください。ただし、資源生産評価が6以下の時、評価差は自動的に0になります。
 評価差1を1シフトボーナスとして、輸出先の資源生産評価を与える事が可能です。
 相手先の生産量が0の場合、生産評価は5からスタートします。(この5の上にシフトボーナスをのせていきます。実質6からスタートです)
 得られる威信点はシフトボーナス後の評価をRDに変換したもの×3です。このRDは輸送時にも使用します。
 例:A国(資源生産10)からB国資源生産0に余剰2を使用して輸出します。B国の資源量は5+2シフトで7になります。A国が得られる威信点は51です。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――

●医薬品の民間工場(評価6)を動かして、応急処置セット(評価5、RD11)を生産する場合

 評価6+5で11 11−5で評価6(RD11.4)

 応急処置セットを11個作れる


―――――――――――――――――――――――――――――――――――

●日用品の民間工場(評価6)を動かして、救助用セット(評価3、RD4)を生産する場合

 評価6+5で11 11−3で評価8(RD25.6)

 救助用セットを25個作れる


―――――――――――――――――――――――――――――――――――

●日用品の民間工場(評価6)を動かして、避難誘導装備一式(評価5、RD8)を生産する場合

 評価6+5で11 11−5で評価8(RD11.4)

 避難誘導装備一式を11個作れる



タイトルT21部隊編成の食糧と燃料
記事No1834   [関連記事]
投稿日: 2017/10/13(Fri) 21:34
投稿者戯言屋
<フィーブル警官隊(4部隊分12名))>

 食料12
 燃料12


<機動救助部隊(1部隊4名)>

 食料4
 燃料5


<PC・ACE系(1ユニットが4つ)>

・フィーブル(T21) 評価値12 RD163(燃料4)
 http://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=122171

・戯言屋(PC) 評価値10 RD78(燃料1)
 http://maki.wanwan-empire.net/group_viewer?id=84774

・刻生・F・悠也 T21 評価値12 RD174(燃料4)
 http://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=115123

・二代目王猫パーカー 評価値9 RD41(燃料1)
 http://maki.wanwan-empire.net/group_viewer?id=39257


 食料:4
 燃料:4+1+4+1=10


――――――――――――――――――――――――――――

 合計必要食料20(評価7)
 合計必要燃料27(評価8)



タイトルPC・ACE
記事No1833   [関連記事]
投稿日: 2017/10/13(Fri) 21:24
投稿者戯言屋
<PC・ACE系>

・フィーブル(T21) 評価値12 RD163(燃料4)
 http://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=122171

・戯言屋(PC) 評価値10 RD78(燃料1)
 http://maki.wanwan-empire.net/group_viewer?id=84774

・刻生・F・悠也 T21 評価値12 RD174(燃料4)
 http://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=115123

・二代目王猫パーカー 評価値9 RD41(燃料1)
 http://maki.wanwan-empire.net/group_viewer?id=39257


食料:1+1+1+1 合計食料4
燃料:4+1+4+1 合計燃料10